秋田

あきた病院

あきた病院では、周辺の住民に信じられる病院を目標としています。近接性を重んじた治療を実行しています。看護部では、患者を1番に置いた固定チームナーシングの看護方式を使っており、患者との丁寧な会話を重んじた看護を目標としています。1日の外来患者数は47名で、外来の患者が信頼を置いて通院できるような設備を構築しています。

秋田赤十字病院

秋田赤十字病院には、496床あり、治療を受ける患者のメンタルサポートも欠かしません。496床の病床があり、治療を求める患者のメンタル面のサポートも重視しています。看護部では、看護師467名活躍しており、画一的な3交替の勤務形態で治療に励んでいます。日本医療機能評価機構からの医療評価を受けていません。日々、看護の質を高め、医師、看護師共に、クオリティの高い医療にあたっています。